杞憂 に 終わる 意味。 漢文由来の杞憂とはどんな意味?「杞憂に過ぎない」の使い方を例文で!類語や英語も詳しく解説!

「杞憂」の意味・由来とは?使い方・例文・類語・「杞憂に終わる」も

意味 終わる 杞憂 に

「類語」も憶えておけばケースバイケースでどっちの言葉もつかえますから。 そのエピソードが故事成語となりました。

杞憂の意味や杞憂に終わるの使い方例文語源など分かりやすく解説!

意味 終わる 杞憂 に

時々「きう」と間違えて呼んでしまう方もいらっしゃるのでご注意下さい。 杞の国に住んでいたある人は、「天の空が崩れ落ちてきたらどうしよう」と心配になり、夜も眠れませんでした。

3

「杞憂に終わる」の意味と使い方をわかりやすく解説!【例文あり】

意味 終わる 杞憂 に

たとえば、「君の心配は杞憂に過ぎない」というと、余計な心配事以外のなにものでもない・杞憂なだけだ(実際には心配する必要はない)というニュアンスです。

杞憂の意味と由来を簡単に紹介!杞憂に終わるってどういうこと?【例文つき】

意味 終わる 杞憂 に

使い方としては、 心配するのが当然な場面ではなく、 心配する必要がない時に使うということを覚えておきましょう。 ただし国土が狭くて、多くを輸入に頼っている、買わなければ食べられない国土自体を欲しがるというのは杞憂でしょう。 地面は土が積み重なって広がり、人は毎日土の上で生活している。

杞憂の意味・由来・例文・類語・対義語!杞憂に終わるとは?

意味 終わる 杞憂 に

杞憂の意味を正しく理解することが大切ですね。 「無用の心配」をすることを「杞憂」といいます。

15

杞憂の意味、わかりやすい使い方

意味 終わる 杞憂 に

そこは主観と好みの問題でしょうが、禅の無の境地は、心配でがんじがらめになっている心の喚起に役立ちます。 「杞憂に終わる」はよく使われる表現です。

13