竹内 まりや 駅。 竹内まりやと中森明菜、解釈が分かれた「駅」の歌詞を深読み解説 <まりや篇>

竹内まりやの「駅」の「私」は、最後のLalalaでもう一度電車に乗る|高井浩章|note

駅 竹内 まりや

そしてその駅の改札は、2年前の交際時には「足を踏み入れてはいけない境界線」だったのではないだろうか。

9

駅 (曲)

駅 竹内 まりや

その他のカバー [ ]• ところが、竹内まりやの書いた歌詞の世界は、中森明菜が想像した世界の真逆だったのだ。 担当ディレクターからは、女性による温かみと優美さが求められた。 中森明菜と竹内まりや、どちらが正解という話ではない 結局どちらが正解という話ではない。

20

竹内まりや 駅 歌詞

駅 竹内 まりや

改札から出てみると、雨もやみかけている。 青コーナー 中森明菜 中森明菜はデビュー当時からその歌唱力は高く評価されています。

18

竹内まりやの「駅」の解釈にびっくり

駅 竹内 まりや

明菜ちゃんからの依頼がなければ書けなかった歌です」と、作詞・作曲の経緯を述べている。 とても切ない歌である。

8

駅 (曲)

駅 竹内 まりや

概説 [ ] かつての恋人の姿を駅で偶然見かけた女性が、隣の車両に乗りながら降りる駅までの間そっと彼のことを見続ける、という切ない恋の情景をにのせた曲であり、多くの人々の支持を獲得し、竹内の代表曲のひとつとなった。

竹内まりや『駅』はいくつもの解釈を与えてくれる歌詞も素晴らしい

駅 竹内 まりや

ある雨の日、ひろみは傘を忘れた父を駅まで迎えに行く。 だから僕は、聴く人の心の健康状態によって、中森明菜のイメージと竹内まりやのイメージのどちらにでもなると思っている。 「やけに」には「とても強く」という強調と同時に 「度を越して」「不審なほど」という、ややネガティブなニュアンスがある。

4