平家 物語 朗読。 名著87 「平家物語」:100分 de 名著

左大臣光永の古典朗読・解説音声 2

物語 朗読 平家

「学びYah! その先祖を訪ねてみれば、第50代桓武天皇の第五皇子、葛原親王から数えて9代目の後胤にあたる讃岐守平正盛の孫であり、刑部卿平忠盛の嫡男である。 巻第三• 平曲の流派としては当初は八坂流(伝承者は「城」の字を継承)と一方流(伝承者は「一」の字を継承)の2流が存した。

17

朗読 平家物語: 祇園精舎

物語 朗読 平家

また、平曲は娯楽目的ではなく、鎮魂の目的で語られたということがの日記などで考証されている。 『』「俊寛」• 都遷、月見、物怪之沙汰、早馬、朝敵揃、咸陽宮、文覚荒行、勧進帳、文覚被流、福原院宣、富士川、五節之沙汰、都帰、奈良炎上• 詩吟愛好者の方にもおすすめです。 全4巻 梶原正昭・山下宏明 1999年 1 2 3 4 底本:高野本• 青海波 「青海波」は雅楽の演目で、本来二人で舞うものです。

名著87 「平家物語」:100分 de 名著

物語 朗読 平家

文治二年の初夏、後白河法皇は寂光院に徳子を訪ねます。 ・再三自分を訪れてきた吉次と義経は対面。 現存最古の記述は鎌倉末期の『』(作)で、信濃前司行長(しなののぜんじ ゆきなが)なる人物が平家物語の作者であり、生仏(しょうぶつ)という盲目の僧に教えて語り手にしたとする。

1

朗読 平家物語: 熊野参詣

物語 朗読 平家

対句を駆使した、リズムのよい和漢混淆文です。

「新・平家物語」第303回「京乃木曾殿の巻(忘れえぬ人びと)」麻鳥は十年ぶりに義経と再会を果たす: 学びYah!~10分でわかる「平家物語」連続講義!

物語 朗読 平家

きっかけはいくつかあります。 源三位入道の嫡子、伊豆守仲綱のもとに、「木の下」という名馬がありました。 これら右筆が書いた合戦記が平家物語に採用されたと見られている。

11

朗読 平家物語: 大原御幸

物語 朗読 平家

その御子高望王の代で、はじめて「平」の姓をたまわって上総介とおなりになって以来、にわかに皇族を抜け臣籍に降下され臣下の列に加わられた。

16

「新・平家物語」第303回「京乃木曾殿の巻(忘れえぬ人びと)」麻鳥は十年ぶりに義経と再会を果たす: 学びYah!~10分でわかる「平家物語」連続講義!

物語 朗読 平家

単に古典作品としてだけでなく組織興亡の写し絵として読まれることも多くなった「平家物語」ですが、「ハブ(中心軸)」「光と闇」といった概念を使って一歩深く読み解くと、現代社会を生き抜くヒントの宝庫となります。 明け方、高倉宮は三井寺に着き、保護を求めます。 平家の栄華と没落のすべてを描きつくした「平家物語」ですが、平家一門や彼らと対立する人々が、一族や組織の存亡を賭けてしのぎを削る姿には、「人間関係の築き方」「組織興亡の分かれ道」「失敗から学ぶべきこと」等々…今を生き抜く上で貴重な教訓にあふれています。

6