如 かず 意味。 巧遅は拙速に如かず

これを知る者はこれを好む者に如(し)かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如(し)かず。

意味 如 かず

当たり前と言えば、当たり前ですよね。

7

論語解説 「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」

意味 如 かず

解釈のしかた、考え方はこのふたつ このように昔の中国の言葉でしたが 現代において、 百聞は一見にしかず、というと 主にふたつの意味合いがあります。

1

三十六計逃げるに如かずとは

意味 如 かず

ピラミッド型になっているんですね。 だから、まず物事の上達を図るとするのならば、それを好きになるのが、1番近道なんです。 野球が上手くなるのは、どれでしょうか。

4

三十六計逃げるに如かずとは

意味 如 かず

受身の意。 」と即座に、子の頭が活発になって賢い子になることを目論んで、生活に関わる人の出入りの多そうな市場前に引っ越した、しかし今度は子がそこの商人の真似をし始め、その中の悪い者のことを真似しかかったので、孟子の母は再度即座に引っ越し、ついに学問所の前にまで至ったところ、やっと孟子が学問所の学問の真似をし始めたのでそのまま暮らした、というお話です。 つまり、「急がば回れ」はひとつの方法論としてのことわざであって、ただゆっくりやればいいという意味ではありません。

1

第4話 無きには如かず

意味 如 かず

」とか、言ってくる生徒の目は、とても楽しそうです。

これを知る者はこれを好む者に如(し)かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如(し)かず。

意味 如 かず

『孫子・作戦』に「兵は拙速を聞くも、未だ巧の久しきを賭ざるなり(部隊を動かすのは、戦術がよくなくても迅速であるほうがよい。 それは、いかにしてお客様に支持され続けるかということです。

13

『知之者不如好之者、好之者不如楽之者』(これを知る者はこれを好む者に如かず…)【ビジネスシーンで使える論語】

意味 如 かず

スポーツだったら、 野球っていうスポーツがあることと、ルールは「知っている」レベルと、 プロ野球や甲子園の戦いを見ているのが「好き」なレベルと、 見ているだけでは我慢できなくて、実際に選手として試合をする「楽しむ」レベルと。 それが好き。 仕事の内容自体が好きなら、自然と没頭するでしょう。

9