糖尿病 薬物 療法。 経口薬・インスリンの基礎知識 [糖尿病] All About

09. 薬物療法(経口薬)

薬物 療法 糖尿病

ブドウ糖もからだに必要な栄養素なので再吸収されるのですが、高血糖状態ではブドウ糖を再吸収しきれず一部が「尿糖」として排泄されます。 服用時間:食後 副作用:低血糖、胃腸障害、乳酸アシドーシス SU薬に比べると血糖値を下げる力は弱いのですが、体重が増加しにくいお薬です。

3

【糖尿病】血糖コントロールの指標と方法(食事・運動・薬物療法)

薬物 療法 糖尿病

肝臓で糖をつくる働きを抑制しながら、筋肉でブドウ糖をスムーズに代謝させる作用を利用して血糖値を下げます。 また、エネルギー消費により肥満の予防もできますし、インスリン受容体の増加によるインスリン抵抗性の改善も期待できます。 日本の発症率は1万人に約1人です。

20

【糖尿病】血糖コントロールの指標と方法(食事・運動・薬物療法)

薬物 療法 糖尿病

神経障害:アキレス腱反射、振動覚、神経伝導検査、心拍変動検査(CVRR)• アメリカ糖尿病学会やヨーロッパ糖尿病学会の発表した糖尿病の薬物療法のフローチャート(8章-3 図1[p. 強化 インスリン療法とは,1日4回以上血糖をモニタリングし,1日3回以上のインスリンの注射または持続静注をすることと定義され,糖尿病網膜症,腎症,神経障害を予防する上で従来の治療(1日1~2回の インスリン注射,血糖モニタリング併用または非併用)よりも効果が高い。 糖尿病治療薬は、新しい作用機序を有する新薬が次々に登場し、また、次々に新しいエビデンスを生み出しており、最新のエビデンスに基づいた治療を行うためには、関連する膨大なエビデンスの知識が必要となる。 つまり、普段と違う行動・生活を送った場合に、血糖コントロールがうまくいかなくなる可能性が高まります。

13

糖尿病の飲み薬には、どのような種類があるの?

薬物 療法 糖尿病

食事療法、運動療法、薬物療法があり、食事療法が基本的な治療法です。 お腹の張り、下痢、おならなどの副作用が起こるほか、肝機能障害や黄疸が現われることもあります。 しかし、適切な処方と使用法、そして対処法を理解していれば、副作用の発生率は抑えられます。

5

【医師監修】薬物療法による糖尿病治療の方法と注意点

薬物 療法 糖尿病

ただし、アルコール摂取や血糖値を下げる薬と併用した場合は、低血糖のリスクが高まるので注意が必要です。 運動療法 運動療法は、 薬を飲むことと同等の効果を得られると考えて良いでしょう。

糖尿病薬の薬品名・作用機序・副作用【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】

薬物 療法 糖尿病

糖尿病の病態、治療方法、合併症についての説明• 中程度ないし高度の強化療法を行うが,脂質濃度の目標値は存在しない。 その結果、血糖値を低下させます。

14