ゲイ の 精神 科 医 トミー。 ゲイの精神科医Tomyのお悩み相談室 「20歳ゲイです。僕はうつ病でしょうか?」

ゲイの精神科医・Tomy「SNSでアピールしている人は、ほぼリア充じゃないわ」

科 精神 トミー の ゲイ 医

(113ページより) このように、1ページごとにテーマを設定し、シンプルなことばを投げかけているわけです。 だから、常に「自分が何をしているのか」一歩引いて眺めてみることが大事。 (取材・文/上原かほり). そして精神科医として「 生きづらさ」 を感じている人に届けたいメッセージとは。

1

《ゲイの精神科医Tomyのお悩み相談室 #1》Q.自分に自信が無い。どうすればいいの?

科 精神 トミー の ゲイ 医

多くの人が悩みを抱えながら生きている今、精神科を必要とする人はさらに増えていくのだろうか。 Tomy そう、どんな人間関係においても干渉のしすぎは良くないです。 舌鋒鋭いオネエキャラで斬り捨てる人は斬り、悩める子羊は救うべく活動を続けている。

ゲイの精神科医Tomy(@PdoctorTomy)

科 精神 トミー の ゲイ 医

それがアナタの目標よ。 なかなかそういう人に巡り会うのは根気がいるけれど、条件を緩めずに探せば現れるものです。 でも精神科の治療に取り入れているような気分転換は、すでに生活習慣になっているので苦痛もないですし。

6

《ゲイの精神科医Tomyのお悩み相談室 #1》Q.自分に自信が無い。どうすればいいの?

科 精神 トミー の ゲイ 医

何がいけないのでしょうか? Tomyからの回答「自分からプランを提案してみて!」 あけましておめでとうございます!毎年毎年あっという間ね。

ゲイの精神科医・Tomy「SNSでアピールしている人は、ほぼリア充じゃないわ」

科 精神 トミー の ゲイ 医

実家が開業医だったことで医者という道を選んだが、最初にぶつかった壁は意外なものだった。

ゲイの精神科医Tomy(@PdoctorTomy)

科 精神 トミー の ゲイ 医

するとたちまち話題となり、わずか半年でフォロワー数が13万人を超えたというのです。 しかし、病院という場所があまり好きではないこと、自分自身も精神が弱っていたことを考慮して、「人との距離の取り方や考え方を身につけたい」という思いから『精神科』に進むことを決意する。

7