ジョン コルトレーン バラード。 バラード【アナログ】

John Coltrane/バラード<タワーレコード限定/完全限定盤>

コルトレーン バラード ジョン

に録音されたアルバム『至上の愛』にコルトレーン自身が寄せたライナーノーツにて記述• 1974年• 1964年• には、までが史跡として保存されている。

18

【紹介・解説】ジョン・コルトレーンってどんな人?おすすめアルバムも紹介

コルトレーン バラード ジョン

収録されているナンバーは超ロマンティックなメロディを持ったスタンダード曲ばかりで、その後コルトレーン自身が演奏する機会はほとんどなかったといわれています。

20

ジョン・コルトレーン 『スターダスト~ジョン・コルトレーン・プレイズ・バラード』 John Coltrane 159

コルトレーン バラード ジョン

1965年(「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」におけるライヴ)• コルトレーンは、のを紛らわせるために深酒をあおり、出演予定のステージをすっぽかすという失態を何度か演じたため、マイルスは激怒しコルトレーンを殴った上、バンドから彼をクビにした。 しかし、「名盤」として生き残り、聴き継がれているのには、それなりの理由がキチンとあったのだということを痛感した1日だった。 私は、この『バラード』というアルバムが長らく嫌いで、他のコルトレーンの作品に比べると、なんと女々しい作品よ、と思っていた。

17

【ジョン・コルトレーン「バラード」】超絶技巧を持つジャズの巨人が奏でる歌心溢れるラブソング集

コルトレーン バラード ジョン

このコール・ポーター作曲の大変美しい曲、素晴らしい曲ゆえに余計なオカズやら遊びを一切排して「棒吹き」に徹するコルトレーンが私は大好きだ。 に入ると、コルトレーンのモード・ジャズは極限にまで達し、調性にとらわれず、あらゆるスケールを縦横無尽に扱う「無調性音楽」の色彩が濃くなっていく。

1

ジョン・コルトレーンおすすめ名盤5選【進化し続けたジャズの求道者】

コルトレーン バラード ジョン

やに参加を打診するも実現できず、コルトレーンの起用は窮余の策だった。 今でも、私の中では『バラード』という作品はコルトレーンの作品の中では「甘口」かつ「軟派」なアルバムという位置づけは変わらない。

11

ジョン・コルトレーン 『バラード(Ballads)』

コルトレーン バラード ジョン

マイルスの『カインド・オブ・ブルー』についてのコメントだ。

バラード

コルトレーン バラード ジョン

コルトレーン以前にもやらがジャズにおいてソプラノ・サックスを用いている。

14

バラード (アルバム)

コルトレーン バラード ジョン

『オム』 - (1965年10月1日録音) Impulse! ネイマ• そこで選択肢は バラードの一択と相成った。 何がいいのかというと、コルトレーンのソロが終わった後に入ってくるレッド・ガーランドのピアノがとても良い。 アイム・オールド・ファッションド• マイルスはこの時期、コルトレーンをソニー・ロリンズと並ぶ2大テナー奏者として高く評価した。

9

【紹介・解説】ジョン・コルトレーンってどんな人?おすすめアルバムも紹介

コルトレーン バラード ジョン

そして、やはり名盤には名盤と呼ばれるだけの理由と、音楽の「力」があるのだなぁということを改めて考えさせられた。