タラス 河畔 の 戦い。 東西を結ぶ道

大唐帝国とアッバース朝が戦ったタラス河畔の戦いの歴史的な意義は何です...

の タラス 戦い 河畔

呼韓邪単于は漢に入朝し、自ら臣と名乗ったため、漢王朝はを単于に嫁がせた。 ターリクはこの誘いに乗り、ユリアヌスは多数所有していた商船にターリクの軍勢を乗せてジブラルタル海峡を渡したという。 製紙法がヨーロッパに伝わるまでに400年あまりかかったようですね。

17

グアダレーテ河畔の戦い

の タラス 戦い 河畔

、エジプトを経てアフリカ北岸沿いに西に伝わり、12世紀にイスラームの支配下にあったスペインに伝わり、バレンシア地方に製紙工場が建てられた。 ソグディアナを原住とするソグド商人は東西トルキスタンを広範囲に活動し、各オアシス都市の中継貿易繁栄を導かせた。

16

タラス川の戦とは

の タラス 戦い 河畔

245 平凡社 最後に言っているのは、紙の発明を蔡倫に帰していることを否定し、それより以前からあったという主張である。 )のが登場、遊牧を主体に戦闘集団を作り上げ、ギリシアやイランの文化を吸収して黄金製品を創造する独自の騎馬文化を形成した。 そろく)などを経由し、パミール高原に到達する 西域北道(漠北路。

19

タラス

の タラス 戦い 河畔

の行政府がある。 そして3つめは天山山脈の北麓沿いを通るルートで、 天山北路と呼ばれる。 ロデリックの寡婦エギロナは後にムーサーの息子と結婚した。

19

東西を結ぶ道

の タラス 戦い 河畔

<エリク・ド・グロリエ/大塚幸男訳『書物の歴史』初刊1954 文庫クセジュ1992 p. タラスの会盟 [ ] タラスはまた、におけるでの側についたが、にの首領と()の代表と会盟し、分割の提案とともに、反の同盟を成立させた地でもあった。 226-651)で信仰されていた。 しかし、南部からのムスリムの侵攻の対応にロデリックは忙殺されており、表立った紛争にまでは至らなかったと思われる。

7

タラス

の タラス 戦い 河畔

諸家百般の書物は、そのもとはこの紙によるのである。 その後、正統カリフ時代、ウマイヤ朝時代を経て、750年にアッバース朝が成立した。 シルク=ロードの命名者はドイツのフェルディナント=フォン= リヒトホーフェン(1833-1905)という地理学者で、1860年代後半からアジアの地質調査を経て、東アジアから西アジアにいたる交易路をドイツ語で"ザイデンシュトラーセン"、つまり日本語でいう" 絹の道"の語を自身の著作品にて初めて使用した。

17

タラス川

の タラス 戦い 河畔

エジプトでは(Paperの語源)の茎を使った紙が使われていたが扱いや保存に適さず、ローマ時代からは羊の皮をなめしたが次第に使われるようになった。 ラクダよりも船の方が貿易品を大量に運搬できることに利点があった。

15