飯田 蛇 笏。 蛇笏賞

飯田蛇笏[4] | 出版社ふらんす堂

蛇 笏 飯田

もちろん、第一義的には、「くらき」は大滝に掛かる。 これもごく初期の作品であり、月並み俳諧的な俗臭がないわけではないが、繊細な感覚と簡勁な句の姿には、捨てがたい魅力がある。

1

飯田蛇笏の俳句 100選 -春夏秋冬-

蛇 笏 飯田

いつかも書いたように、私は動植物やその他の自然の擬人化を好まない。

『増殖する俳句歳時記』検索: 飯田蛇笏

蛇 笏 飯田

『雲母』の主宰も蛇笏の死後に龍太が継承し、1992年(平成4年)8月に通巻900号で終刊した。 「秋のほたる」にたとえられる魂を持つ人は、芥川ばかりではないだろう。

13

飯田蛇笏 秋風

蛇 笏 飯田

世事のあれこれはどうでもいいこと。

17

芥川龍之介 飯田蛇笏

蛇 笏 飯田

昭和二十九年(1954)の作品というから、蛇笏は七十歳を間近にしていたわけで、単に美人の顔をそれとして詠むのであれば、このような技巧は不必要である。 山廬全景 式台玄関 座敷 山廬の維持管理と公開の現状について 江戸時代の建築物とそれに付随した蔵などがあり、また庭木も樹齢350年の赤松をはじめ、黒松や樹齢100年以上の躑躅 つつじ 、木犀 もくせい などの大木があり、竹林や後山の手入れなど維持管理にはかなりの時間と手間を要している。

9

飯田蛇笏とは

蛇 笏 飯田

句碑は(平成4年)5月には甲府城跡の整備により、の所在する甲府市貢川の芸術の森公園内に移転される。 (清水哲男) June 17 2002 薔薇園一夫多妻の場を思ふ 飯田蛇笏 季語は「薔薇(ばら)」で夏。 その艶な気分を、雨上がりの濡れた草花の風情が、いっそう高めている。

19

Vol.199

蛇 笏 飯田

甲府興信所編『山梨人事興信録 第3輯』甲府興信所、1940年。 (昭和2年)1月から11月には高室呉龍とともに関西方面を旅行する。 僕は「常談云っちゃいけない。

18