そこはかとなく 意味。 「そこはかとなく」の意味や使い方・例文3つ・類義語や対義語

「そこはか」って何だ?: tak

意味 そこはかとなく

「そこはかとなく」の語源や漢字の出典は不明 「そこはかとなく」は、「其処は彼と(それは何であると明示する)」を「ない」と否定した言葉が語源であると辞書に記載されていることがありますが、その出典などは不明です。 「そこはかとない」は、古語「そこはかとなし」に由来します。 そこはかとなくを使う時は、香りは強くてはいけません。

17

「そこはかとなく」とは?意味や使い方をご紹介

意味 そこはかとなく

」など、人の感情に対して「うっすら」という言葉を使うこともあります。 草木が生い茂り虫の所在が分からないという意味とも取れますし、多くの鳴き声がして一匹一匹の特定できないという意味とも取ることができます。

「そこはかとなく」の意味と語源、漢字、基本形、古語、類語を例文つきで解説

意味 そこはかとなく

これから、「そこはかとなく」を そこはかとなく多用していきたいと思います。 そこはかとない感じ• 」と言い換えることも出来ます。 また、日本三大随筆として有名な、吉田兼好「徒然草」の序段でも「そこはかとなく」は使われています。

7

そこはかとないとはどういう意味?使い方や類語を紹介

意味 そこはかとなく

「そこはかとない」は日常会話でも使う言葉なので、意味をしっかりと知っておくと、いざという時に使うことができます。

徒然草の冒頭「そこはかとなく」の読み方についてお尋ねします。

意味 そこはかとなく

曖昧ではっきりしないため、他人からは分かりにくく、本人が主観的に感じているものでもあります。 口語では「なんとなく」という言葉に近いので、なんとなくと同じような感じで使われることも多いですね。 平安時代後期の物語集『堤中納言物語』に、「そこはかとなき物語しのびやかにして」という一文が出てきます。

そこはかとないとはどういう意味?使い方や類語を紹介

意味 そこはかとなく

この場合の「そこはかとなき」には、 「 とりとめのない 」という意味があります。

11