カレント トピックス。 新型コロナをめぐる中台の攻防と台湾の安全保障

ストレスマネジメント研究第16巻第2号「カレントトピック2020」原稿を募集します

トピックス カレント

9月9日、10日、解放軍は台湾ADIZ西南圏内で海空協同演習を実施したが、台湾国防部が記者会見で用いた示意図からは、演習の目的が台湾に東沙防衛は不可能と知らしめることにあったと推定される。 p073 五十嵐 章史• 「非平和的手段」は、武力行使を示唆する表現ではあるがイコールではなく、平和統一のプロセス以外の全ての方法を含むと捉えられる。

8

新型コロナをめぐる中台の攻防と台湾の安全保障

トピックス カレント

4月18日には、パラオへの親善遠洋航海訓練から高雄へ戻った新型輸送艦「盤石号」において乗組員の集団感染が確認され、最終的には感染者が36名に達したが、調査の結果出航前の感染であることが判明し、幸い市中感染も確認されなかった。

1

新型コロナをめぐる中台の攻防と台湾の安全保障

トピックス カレント

解放軍が米軍艦艇・航空機や台湾のスクランブル機等に対し挑発レベルを逐次エスカレートさせ、偶発的事故を契機に一挙に軍事的緊張が高まることも懸念される。 第29回 日本緑内障学会 原著 p108 光田 緑・中島 圭一・谷原 秀信・井上 俊洋• セミナー 連載等• p001 仁科 幸子・佐藤 美保• 原稿締切:2020年9月23日(水)18:00 原稿は編集委員会のアドレス宛(henshu list. この間、軍事交流から帰国した2名の大将を含む約400名の将兵が2週間の自宅隔離措置を受けたが、感染者は確認されなかった。

新型コロナをめぐる中台の攻防と台湾の安全保障

トピックス カレント

台湾の安全保障への影響 来年7月、中国は2つの百年 2021年の共産党創設百年と2049年の建国百年 の初めの百年を迎える。 第29回 日本緑内障学会 原著 p095 石龍 悠・村上 祐介・有馬 充・塚本 晶子・池田 康博・園田 康平• 社説は、「台湾の軽挙妄動は、ポストコロナの新たな世界情勢の中で、台湾を真の危険に導く」と警告し、最後の一文を「勿谓言之不预」(警告しなかったとは言わせない)で結んだ。

2

Vol.36 No.8(2019年8月号) « あたらしい眼科オンラインジャーナル

トピックス カレント

jp)にe-mail にて、添付ファイル(Windows 版 Word に限る)で送付して下さい。 この件で海軍司令、艦隊指揮部指揮官、練習艦隊指揮官等が処分を受けている。

新型コロナをめぐる中台の攻防と台湾の安全保障

トピックス カレント

この訓練は、頼清徳・副総統の訪米 2日~10日 に対する強い不満の表明として実施されたが、新型コロナへの感染により艦艇の参加を見送らざるを得なかったものと考えられる。 「和平統一」から「武力威嚇」へ 蔡政権が成立した2016年の末、北京で開かれた人民日報系機関紙『環球時報』の報告会において、前国務院台湾事務弁公室副主任で退役少将の王在希が気になる発言を行った。 p019 矢ヶ﨑 悌司• また,投稿・発表できる演題数は,一人一演題とします。

ストレスマネジメント研究第16巻第2号「カレントトピック2020」原稿を募集します

トピックス カレント

台湾の3つの離島、即ち東引島・東沙諸島・澎湖列島を手中に収め、台湾を震撼させ解放を迫る」と述べたのである。 4月10日、『環球時報』は「世界进入多事之秋、台当局须悠着点」(世界は多事多難の時に突入、控えろ台湾)という表題の社説を掲載した。

Vol.36 No.8(2019年8月号) « あたらしい眼科オンラインジャーナル

トピックス カレント

しかし台湾の幸福は、中国のご不幸である。

20

新型コロナをめぐる中台の攻防と台湾の安全保障

トピックス カレント

しかしながら、仮に「憲政白窓期」と新型コロナの来襲が重なっていたならば、結果は180度異なっていたであろう。 「天津モデル」は、全面攻撃による「武力侵攻解放モデル」。 いわば「非平和的手段」とは、台湾を平和統一の道に繋ぎ止めるためのヘッジと言え、台湾が独立の方向に進めば、「非平和的手段」も段階的に強化されるものである。

6