天真 に 任す。 天真に任す 柳緑花紅 運 運命 縁 縁起 因果

良寛の生き方

任す 天真 に

天真に任す… この言葉の意味をご存知でしょうか。 この世界に生きることに必定の「 懶」さを根底から突き破るには、 「任天真」の体験に行く着くしかないのである。

13

2015(平成27)年4月3日(金)『良寛Ⅱ』

任す 天真 に

ましてや、名声だの利得は問題外だ。 ところが「運を待つは死を待つに等し」と言い換えると、自ら努力することなく、ただ幸運の到来するのを待っているのは、死の到来するのを待っているのと同じではないか。

17

『天真に任す』

任す 天真 に

流麗温雅で、律動的でもある。

15

禅語 第12回

任す 天真 に

良寛のことをよく観て理解している やさしい思いやりのある言葉だと思います。 また良寛は、型に拘らない率直な表現を良しとし、多くの歌を残しました。

17

『天真に任す』

任す 天真 に

ジャンルでさがす• 良寛の詩には、 「荘子」「老子」の中からの 引用もかなりあります。 相手の人や他を褒めることによって、けなされるよりも何倍もの心地よさを、相手も自分も感じるものです、それで自分も元気になれるのです。

2015(平成27)年4月3日(金)『良寛Ⅱ』

任す 天真 に

迷いも悟りも誰に咎 とが められることなく、 名利への執着も塵ほどにない。 世界中、あらゆる問題に満ちています。 任せきって分別なく騰々としていることである。