本州 製紙。 本州電材とは

本州製紙(株)『本州製紙社史』(1966.02)

製紙 本州

工場排水の採水調査。 - 工場長の人事異動。 最後の約30名が退場したのは午後2時10分ごろ。

高崎三興の沿革

製紙 本州

発足当初は主に、を始めとするや、・ライスペーパー(の巻紙)・などの、電気絶縁紙などの特殊紙、それにを生産していた。 1996年(平成8年) 本州製紙、新王子製紙との合併により、王子製紙となる。 旧鶴崎パルプで1987年10月継承。

5

歴史・沿革

製紙 本州

中津工場熊野事業所 所在地は蓬莱。

11

本州製紙(株)『本州製紙社史 : 48年の軌跡』(1999.04)

製紙 本州

八ケ浦漁業協同組合の役員約1000名が漁船及び自動車で工場へ参集して、東門から工場に乗り込んだ。 「生き残りへ体質強化 海外植林、重点に 新王子・本州製紙の合併」1996年3月30日付朝日新聞朝刊• オローラ社の段ボール事業は、豪州やニュージーランドで高いシェアを持ちブランドも十分浸透しています。

9

本州電材とは

製紙 本州

王子一強になるのを恐れた業界が反対し団結したためです。

19

江戸川漁業被害

製紙 本州

会社発足時は上質紙などを生産したが1961年撤退。 工場はいずれも松本市内で、清水1丁目の清水工場、白板2丁目の白板工場、笹賀の二子工場の3か所。