ユーゴ 紛争。 ユーゴスラビア紛争をわかりやすくまとめる!原因は何だったのか?

ユーゴスラビア紛争とは

紛争 ユーゴ

ベルサイユ条約でも民族自決の原則が盛り込まれ、汎スラブ主義実現の最大のチャンス到来です。

20

ユーゴスラヴィア内戦/ユーゴ内戦

紛争 ユーゴ

このため、軍事力は治安の面を中心に平和構築においても重要なツールとならざるを得ないのである。 結果、コソボでは他のスラブ系住民達の地域とは違う文化や宗教が深く根付いており、同じ国にありながらも、コソボのアルバニア人とセルビア人は全く異なる人々だと言って良い状況でした。 これによってセルビア共和国およびセルビア人の残虐さ、指導者ミロシェヴィッチの犯罪、と言ったイメージが出来上がった。

6

3分でわかる!ユーゴスラビア紛争、NATO空爆、ユーゴスラビア解体

紛争 ユーゴ

米国のPR会社を頼り、セルビア人=一番の悪、という構図のプロパガンダ作戦を開始する。 十日戦争、あるいは独立戦争。 。

6

3分でわかる!ユーゴスラビア紛争、NATO空爆、ユーゴスラビア解体

紛争 ユーゴ

(この2つの国をあわせたボスニア・ヘルツェゴビナという連邦国家が現在も存在しています。 しかしアメリカはNATO軍による空爆に傾いており、94年2月、セルビア側がサライェヴォの青空市場を砲撃して68人の死者が出ると「セルビア人悪玉説」が再び吹き出し、国連安保理はついにボスニア空爆が決議されたが、ロシアがセルビア側と調停活動に入り、国連軍による空爆は中止された。

13

ユーゴ内戦でジェノサイド=民族浄化を生み出したバルカン半島の「歴史の記憶」[橘玲の世界投資見聞録]|橘玲の世界投資見聞録

紛争 ユーゴ

デイトン和平合意 NATOによる空爆によってセルビア人勢力は大きな打撃を受け、アメリカ主導の和平交渉に応じ、1995年11月にアメリカのデイトンで交渉結果、和平合意が成立、にパリで正式にが調印されたクロアチア人・ムスリム人によるボスニア=ヘルツェゴヴィナ連邦と、セルビア人共和国との二つの政体からなる一つの国家を構成することで平和は一応実現した。 。 また、短期的には軍事力に頼らざるを得ないとしても、長期的な期間で考えた場合、国際社会による介入は紛争後の社会と平和構築にどのような影響を与えるのだろうか。

13

ユーゴスラビア紛争とは

紛争 ユーゴ

和平案としてはさまざまな領土分割案が提示されたが、合意には至らず、民族間衝突が続いた。 一方でセルビアはあくまでも連邦の維持に固執し、とにより折衷案が提出されたが、同意に至らなかった。

ボスニア内戦

紛争 ユーゴ

セルビア人勢力は大きな打撃を受けたが、一方でアメリカはセルビア人勢力を交渉のテーブルにつかせるため「スルプスカ共和国(セルビア人共和国)」という名称を初めて公認した。 最上敏樹 『人道的介入 正義の武力行使はあるか』 岩波書店• 55)の重要性が強調されるように、社会のあらゆる面に働きかける総合的な活動である。

19