コルビン 麻衣。 ニューヨークの総合病院で集中治療医として新型コロナウイルス治療にあたる日本人医師、コルビン麻衣さんインタビュー全文|ニュースが少しスキになるノート from TBS|note

[B! 医療][コルビン麻衣] mohnoのブックマーク

麻衣 コルビン

何度もしつこいようですが、ありがとうございます。 自分または自分の家族や友達が重症化してから、今更人混みにでたことを、自分の行動を変えなかったことを後悔してももう手遅れだ。

17

「今の日本は3週間前のニューヨークを見ているようで怖い」NY在住の日本人医師・コルビン麻衣さん

麻衣 コルビン

それで、もうそれが足りなくなったので、先週新たに35台入れて、また今週末、25台入った。 だからニューヨークから学んで欲しい。

14

「若くして基礎疾患がなくても亡くなる人を2週間で何人も見た」 NYの医師、故郷の日本に強い訴え

麻衣 コルビン

この病院では、患者さんの容態が急変し、緊急での対応が必要になると rapid response team(RRT)のポケベルがなる。

コロナ集中治療室から

麻衣 コルビン

振り返って大袈裟だったね、と笑える日が来たらそんな幸せなことはない。 最近言われているのは、嗅覚と味覚が変わるという人、あと、下痢をする人も割といる。 コロナ、コロナでないに関係なく集中治療医として死を目の当たりにすることは日常茶飯事である。

20

第一線で命を救うやりがい

麻衣 コルビン

もう今となっては街中の誰が感染していてもおかしくない状態なのでこの近辺ではどこの病院も家族との面会も見舞客も許可していない。 感染防護具も足りなくなりました。 うちの病院にはもともとICUが4つあるがどれもコロナの患者で一杯だ。

7

コロナ集中治療室から

麻衣 コルビン

通常であれば心臓外科系の患者が入る部屋ですが、まったく違う態勢になっています。

「新型コロナウイルス 今 ニューヨークは」(視点・論点)

麻衣 コルビン

でも、ちょっと、手遅れだったですね、ニューヨークは。

新型コロナ NY、足りぬ人手と病床 命の選別、悩む医師

麻衣 コルビン

「今の日本は3週間前のニューヨーク」。 既往歴は高血圧、インスリン依存型糖尿病、末期腎不全で週3の透析、冠状動脈疾患、高コレステロール血症、認知症。 ERは酸素を必要とする人や人工呼吸器を必要とする人でごった返しているが、人工呼吸器が底をつくのももう時間の問題になってきた。

19

「今の日本は3週間前のニューヨークを見ているようで怖い」NY在住の日本人医師・コルビン麻衣さん

麻衣 コルビン

今この状況になったからこそ気づかされることが沢山ある。

12