テッド チャン 息吹。 『息吹』(テッド・チャン)の感想(103レビュー)

『息吹』(テッド・チャン)|倉下忠憲|note

息吹 テッド チャン

並行社会の人間もその世界で生きている訳だから、そこにも相手側の生活があって、考えて生きていると思うと、不思議な感じしかしない。 これは他人の行為を記録したものだが、ブログ炎上の原因の一つは「自分が思う現実」と「人から見た事実」の食い違いだろう。

5

『息吹』(テッド・チャン)|倉下忠憲|note

息吹 テッド チャン

本業はであり、作家専業になるつもりはないと語っている。

7

息吹 : テッド・チャン

息吹 テッド チャン

自分の良い選択も悪い選択も無数の平行自分にとってあり得る選択で、そうだとすればどちらを選ぶことにも価値がないのでは、と。 1977年に打ち上げられたは現在、人類のメッセージを乗せて、人工物としては地球から最も遠いところにいる。

5

楽天ブックス: 息吹

息吹 テッド チャン

宇宙が完全に熱的死までにかかる時間はどれくらいかな~という推定は多少あるようで、では「少なくとも今あるでっかいが蒸発(ホーキング輻射で)しきるまではが供給され続けるから最低10 100年くらいはいけるいける」みたいなことを書いてて、現実の「宇宙の熱的死」については下界に来るのに56億年かかる(なんか救ってくれるらしい)が10…(0が90コ)往復できるくらい余裕があるのであんまり気にしなくてよさそうである。

息吹(テッド・チャン)の次に読む本

息吹 テッド チャン

【いつ出たの?分量は?読みやすい?】 原書は Exhalation, by Ted Chiang, 2019。 これにより、世界は8912年前に創造された事が明らかになった。 他世界で成功した、または善良な自分を知っても、今の自分は変わらない。

8

テッド・チャン『息吹』

息吹 テッド チャン

落ち穂拾い• 「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」 仮想世界で進化させたAIペットがどんどん賢く可愛らしく成長して、しかし画面の向こうにしかいない、という中編。 レコードは金メッキした 銅製の円板だった。 並行世界の自分は他人だ、という割り切りが必要だが、通信できる以上、割り切れないのが人情。

楽天ブックス: 息吹

息吹 テッド チャン

『A Long Day』の時のインタビューで「気が付いたら場面が変わっていく感覚を出したい」とおっしゃっていて、それはマジック・リアリズムっぽいなと思ったんです。 テッドちゃん17年ぶり2冊目の著書です。 1977年に計画が打ち上げた2機の惑星探査機、と2号は、最終的に太陽系の重力圏を脱して星間空間に到達することがわかっていたので、異星文明に出会ったときに解読してもらえるよう、を委員長とする委員会によって選ばれた、115枚の画像、自然音、55種類の言語のあいさつ(日本語としては「こんにちは、お元気ですか?」を収録)、 セーガンの妻の脳波(!)、各国の音楽、などを収録したレコードが載せられた。

8

『息吹』(テッド・チャン)|倉下忠憲|note

息吹 テッド チャン

和雑誌• 本作に収められている短編群は、私たちの物語ではない。 でも、もっといい人間になろうとすることはできる。 神も存在するし、8千年前に世界が作られた証拠もある、という中、真実を追求する学者が息吹同様熱い。

15

【映画『メッセージ』原作】世界的SF作家、テッド・チャンのおすすめ作品

息吹 テッド チャン

読みましたー!!! の2冊目が出るぞ!という知らせを経由で知って以来、発売日を手帳に書き込んでずっと楽しみにしていました。