ユ ヴァル ノア ハラリ 本。 『サピエンス全史』ユヴァル・ノア・ハラリが解き明かす、 世界的陰謀論の虚偽と欺瞞。The New York Times記事翻訳を全文公開|河出書房新社のプレスリリース

『サピエンス全史』の著者に聞く「人類滅亡」の現実的シナリオ(ユヴァル・ノア・ハラリ)

本 ユ ハラリ ヴァル ノア

『サピエンス全史』は過去についての本であり、とるに足らない類人猿が、どのように地球の支配者になったのかを示した。 実際には存在しないもの、虚構の存在や信念、ファンタジーや物語を信じることで全く見ず知らずの人々が協力し合うことが可能となりました。

5

ユヴァル・ノア・ハラリとは何者か? 人類史の先に見据えるそのヴィジョン:#3「『サピエンス全史』の起源」

本 ユ ハラリ ヴァル ノア

近代以降の医療制度は、この境界にそびえる壁の役割を果たすべく構築され、看護師や医師や科学者は、そこを巡回して侵入者を撃退する守備隊の務めを担っている。

6

全文公開第二弾! ユヴァル・ノア・ハラリ氏(『サピエンス全史』ほか)が予見する「新型コロナウイルス後の世界」とは? FINANCIAL TIMES紙記事、全文翻訳を公開。|Web河出

本 ユ ハラリ ヴァル ノア

その起源と進化の概要が、「ホモ・サピエンスのアフリカ起源説」として確立されたのは、21世紀に入ろうとする頃であったが、それはヒトのDNAレベルのなりたちを探る遺伝学、脳サイズや身長や体型など容姿の進化と変異を探る化石形態学、行動の変容を探る考古学、さらに遺跡等の年代を決める年代学、太古の世界の自然環境を知る様々な分野の共同作業の成果であった。 人が小麦を栽培するのではなく、小麦が人を操っている…。 2020年8月9日閲覧。

19

ユヴァル・ノア・ハラリ おすすめランキング (40作品)

本 ユ ハラリ ヴァル ノア

こうした法律や税の納税記録など実用的な文章を記すために文字は使われ、文字を使えることがエリートの証でした。 自由民主主義は、あらゆる社会にとって、あらゆる発展段階でふさわしいわけではないにせよ、他のどんな選択肢と比べても、より多くの社会で、より多くの状況でその有用性を発揮してきた。 だが、手洗いに匹敵する水準の徹底と協力を成し遂げるためには、信頼が必要となる。

9

全文公開第二弾! ユヴァル・ノア・ハラリ氏(『サピエンス全史』ほか)が予見する「新型コロナウイルス後の世界」とは? FINANCIAL TIMES紙記事、全文翻訳を公開。|Web河出

本 ユ ハラリ ヴァル ノア

なかには、初期のバージョンを別の形ですでに発表した文章も含まれている。 各国は隠し立てせず、進んで情報を提供し、謙虚に助言を求めるべきであり、提供されたデータや見識を信頼できてしかるべきだ。

10

『サピエンス全史』の著者に聞く「人類滅亡」の現実的シナリオ(ユヴァル・ノア・ハラリ)

本 ユ ハラリ ヴァル ノア

もう何週間も前に、世界の指導者たちが緊急会議を開いて、共同の行動計画をまとめていて当然のように思えるのだが。 国が変われば、物質や人体の理解の仕方も変わるわけではありません。

20