斎藤 道 三 長良川 の 戦い。 長良川の戦い

【麒麟がくる出来事紹介】長良川の戦い:斎藤義龍(高政)が父の道三を討ち、名実ともに美濃の国主となった。

の 三 斎藤 道 戦い 長良川

家督は義龍の子・が継ぐが、尾張の織田信長のにより没落して美濃を追われ、後にののもとに身を寄せて信長に反抗を続けるも、において戦死したという。

20

長良川の戦い/城郭図鑑

の 三 斎藤 道 戦い 長良川

一色氏は清和源氏(せいわげんじ)嫡流で、足利氏の一門でもあり 名門の家です。

1

長良川の戦いとは

の 三 斎藤 道 戦い 長良川

それを大将自ら務めるのは異例とも言え、信長にとって道三の死が衝撃的であったと思われます。

19

長良川の戦いの場所について。

の 三 斎藤 道 戦い 長良川

写真を撮りに行こうにも、長良川どのあたりで行われたかが分からず困っている状態です。

14

長良川の戦いとは

の 三 斎藤 道 戦い 長良川

信長と対立する 父の親戚にあたる信長とも敵対することになった義龍は、信長と不仲だった彼の兄弟たちに目を付けました。 翌年の雪解けとともに情勢は緊迫し、春にはついに合戦を行う事態となった。 何も知らない二人の弟は義龍のもとにやってくると、待ち伏せしていた日根野弘就(もうひとりの家臣)が二人を斬り殺しました。

斎藤義龍(高政)の生涯と斎藤道三(利政)と長良川の戦いに至る経緯

の 三 斎藤 道 戦い 長良川

そう考えるともしかしたら長良川の戦い以降、明智家は明らかに道三に味方したわけではなく、立場を鮮明にせず自らに味方しなかったために業を煮やした義龍によって明智城を攻められたのかもしれない。 勝俣鎮夫 「美濃斎藤氏の盛衰」 『岐阜県史通史編 原始・古代・中世』、1980年。 備考 [ ] 道三塚。

13

「稲葉山城の戦い(1567年)」信長は如何にして美濃平定を成し遂げたのか?

の 三 斎藤 道 戦い 長良川

しかし、道三の集めた霊石を狙った悪しき妖怪と手を結んだ息子のによって攻められ、命を落とし霊石を奪われてしまう。 ただ、道三の秘策は斎藤家の同盟相手でもあり、娘婿の 織田信長です。

2

長良川の戦いの場所について。

の 三 斎藤 道 戦い 長良川

まさに稲葉山城の戦いとは、信長にとっての人生のターニングポインとの一つだったのではないでしょうか。 また道三 利政 は、織田信長との会見で信長の非凡さを見抜き、いづれ斎藤家が織田家の家臣になるのではと心配し、義龍 高政 に厳しくしたため、父子の確執を助長したとする見方もあるようです。 2人の弟(喜平次、孫四郎)のもとに叔父・を使わせ、「自分は重病であり、時を待つのみである。

7