源氏 物語 光る 君 誕生。 源氏物語「光る君誕生」(桐壺) 問題

光源氏

君 誕生 源氏 物語 光る

advanced Q. 賛美を含んだ呼び名だったのです。

5

源氏物語【37】光源氏は本名ではない? 今回は光源氏の名前の秘密について見ていきます

君 誕生 源氏 物語 光る

かかる折にも、あるまじき恥もこそと心づかひして、御子をば留 (とど)め奉りて、忍びてぞ出でたまふ。 母親は、桐壷更衣です。 何かにつけて数え切れないほど辛いことばかりが増えていったので、たいそうひどく思い悩んでいるのを、帝はますますお気の毒におぼし召されて、後凉殿に以前から住んでおられた別の更衣のお部屋を他にお移しになって、桐壺更衣に上局としてお与えになった。

20

源氏物語桐壷光る君光る君の誕生光源氏の誕生品詞分解と全訳(12/12ページ)

君 誕生 源氏 物語 光る

(二) かしこき御蔭 (みかげ)をば頼み聞こえながら、落としめ疵 (きず)を求めたまふ人は多く、わが身はか弱く、ものはかなきありさまにて、なかなかなるもの思ひをぞしたまふ。 夜も昼も、片時も桐壷の更衣を傍から離されないのです。

19

源氏物語

君 誕生 源氏 物語 光る

父親は、桐壷天皇(とは書いてないのですが、上皇のときは、桐壷院といっていますから、多分、桐壷天皇でしょう)です。 帝には、すでに 時期東宮と思われている一の宮(右大臣家の姫、弘徽殿の女御が産んだ)がいたが、 もちろんそこそこには大事にするが、若宮に比べようもない。

17

源氏物語【37】光源氏は本名ではない? 今回は光源氏の名前の秘密について見ていきます

君 誕生 源氏 物語 光る

限りあれば、さのみもえ留めさせたまはず、御覧じだに送らぬおぼつかなさを、言ふ方なく思ほさる。 (注)現代語訳は、現代文としての不自然さをなくすため、必ずしも直訳ではない箇所があります。

7

源氏物語桐壷光る君光る君の誕生光源氏の誕生品詞分解と全訳(12/12ページ)

君 誕生 源氏 物語 光る

あの方の場合は、周囲の人がお許しにならなかったところに、御寵愛が憎らしいと思われるほど深かまったのである。 彼女のお部屋の名前は『桐壺』。 コメント いちおう言うことは聞いておかないとなー めんどくせぇなー 部活の先輩みたいなもんですね。

3