コメツブ ウマゴヤシ。 コメツブツメクサ

コメツブツメクサ

ウマゴヤシ コメツブ

全体にほぼ無毛。 5mm。 いがりまさし. 種子は長さ約1. 茎は分枝して地を這うか斜上する。

ウマゴヤシ

ウマゴヤシ コメツブ

萼裂片は筒部より長い。

コメツブウマゴヤシ / 国立環境研究所 侵入生物DB

ウマゴヤシ コメツブ

7センチの小葉は、上部に細かい 鋸歯のある倒卵形で、両面に白毛がある。

コメツブウマゴヤシ

ウマゴヤシ コメツブ

発生時期 10月~1月に発生し、3~5月に開花する。 花はと似て黄色、全体に小型、20~30個の花がほぼ球形につく。

ウマゴヤシ Medicago polymorpha マメ科 Fabaceae ウマゴヤシ属 三河の植物観察

ウマゴヤシ コメツブ

豆果に刺のない変種はトゲナシウマゴヤシという。

11

コメツブウマゴヤシ

ウマゴヤシ コメツブ

葉柄基部には托葉がある。 または、 ウマゴヤシ属(ウマゴヤシぞく、学名: Medicago)に属する植物の総称。

17

ウマゴヤシ Medicago polymorpha マメ科 Fabaceae ウマゴヤシ属 三河の植物観察

ウマゴヤシ コメツブ

果実は下を向く。

コメツブウマゴヤシ Medicago lupulina マメ科 Fabaceae ウマゴヤシ属 三河の植物観察

ウマゴヤシ コメツブ

果実は長さ約2mm、先端に花柱が残る。 葉は無毛、3小葉からなる複葉。 花は受粉後すると垂れ下がり、そのまま乾いて残る。

4