土岐 頼 遠。 猛将「土岐頼遠」の異名を考えてください!!

土岐頼遠

遠 土岐 頼

4.土岐康行の乱 土岐康行 とき やすゆき (?~1406) 頼康には実子がなく、弟の土岐頼雄の長男康行と二男満貞が養子となって、 その後康行が土岐一族の総領となり、室町幕府第四代美濃守護を継承した。 この処遇に不満を持った康行に対し、将軍家により討伐を受けることになり、美濃守護職は 伯父の頼忠に与えられ、 土岐西池田 家が土岐氏の主流となりました。

18

南北朝の「土岐頼遠(6男坊)」について教えてください。

遠 土岐 頼

平田俊春「土岐頼兼と正中の変」日本歴史432号、1-16頁、1984年。 この時、頼貞に嫌疑がかかり鎌倉唐笠辻子の宿舎が調べられた。

20

土岐頼遠とは

遠 土岐 頼

病のため、天皇に同行できず遅れて美濃へ向かいました。 愛宕信仰と言えば、本山は京都の愛宕山ですが、本能寺の変の際に、明智光秀が必勝祈願に京都の本社で連歌を詠んだ事で有名です。 ・藤枝文忠編『室町幕府守護職家事典(下)』、1988年。

5

土岐頼遠とは (トキヨリトオとは) [単語記事]

遠 土岐 頼

頼遠は尊氏らと縁の深い 北朝方の武将ということになります。 しかし、戦国時代に限らず名前は一代で何回も変えることが少なくなかったので、明智光秀の父親の名前からして不確定な点が多いのも事実です。 「バサラ」とは、奇異な服装を見せびらかすということのほかに、乱暴な行為をもさしていた。

7

土岐頼遠とは

遠 土岐 頼

某~八郎、周崔、あるいは周済、兵部卿律師。 これがもとで、高師直の悪役のイメージは決定的となり、やがては時代を隔てて、仮名手本忠臣蔵の敵役にもされたのである。

8

バサラ(婆娑羅)の時代:太平記の世界

遠 土岐 頼

「足利尊氏が九州から京都に攻め入り東寺に陣を構えた際、父とともに警護に当たり、後醍醐天皇方の四条隆資の攻撃をしりぞけた」という記述のみなので。 頼遠も戦で名を挙げた1人です。