地下鉄 日比谷 線 脱線 事故。 JA8MRXのHP 地下鉄事故から なにを 学ぶか

2000年の出来事 > 日比谷線脱線事故(2000年3月8日) TV・出版・報道向け写真ならアフロ

事故 線 地下鉄 日比谷 脱線

衝突のショックで大破したトレーラーの荷台に搭載されていた揮発油を原料としたペンキに引火した。 大きく損傷した前述した5両は、東京総合車両センターで解体された。 17年8カ月の短過ぎる生涯。

14

営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故

事故 線 地下鉄 日比谷 脱線

詳細は「」を参照 立川駅タンク車衝突事故 [ ] (昭和39年) 7時6分 に1月2日に到着したガソリン満載の米軍専用タンク車(タサ846)と事故当日の朝に到着した貨車を連結するための作業中に、担当者が規則ではタンク車のブレーキをかけるとともに車輪止めを設置することとなっていたが、ブレーキのかけ方が甘くを使用していなかったことによる過失で転動。

1

営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故とは

事故 線 地下鉄 日比谷 脱線

急行「阿蘇」郵便車炎上事故 [ ] 1972年(昭和47年) 午前0時50分ごろ 名古屋発熊本行きの急行「」が山陽本線 - 間を走行中、機関車の次位に連結していたから出火。

17

JA8MRXのHP 地下鉄事故から なにを 学ぶか

事故 線 地下鉄 日比谷 脱線

この事故でダンプカーは鉄橋上約100 mほど登戸駅側に引きずられ炎上、運転者が死亡した。 現場からは輪重計の設置が要求されていたが、これは却下・放置され、半蔵門線の車両のみの輪重調整に留めた。

13

東京メトロ日比谷線

事故 線 地下鉄 日比谷 脱線

ただし、事故の影響で有馬口駅構内の分岐器を暫定的にダブルスリップスイッチから片開き分岐器に交換し、有馬線からの渡り線の撤去・有馬線側の片開き分岐器の鎖錠を行った。 「鉄道ピクトリアル」2007年10月号• 248名の乗客は車掌の指示で発煙があった車両から別の車両に避難したが、その後が状況確認やとの連絡に手間取り、車内にが充満した。 この見解を基にして、全国の鉄道事業者に以下のような2種3項の指示を順次出した。

2

JA8MRXのHP 地下鉄事故から なにを 学ぶか

事故 線 地下鉄 日比谷 脱線

日比谷線を走っていた発直通行き()の最後尾車両(03-802)が、手前の急曲線における緩和曲線の捻れ部で、いわゆるを起こした。 そのうえ、上石見駅では臨時普通列車の運転士に保線工事中である旨を注意喚起しなかったうえ、現場が下り勾配のカーブで、運転士が視認したときには30 mの先であったため、減速することができなかった。