プログラフ カプセル。 プログラフカプセル5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

プログラフ、グラセプター(タクロリムス)の作用機序:免疫抑制剤

カプセル プログラフ

臓器移植時、コンプライアンス不良は臓器移植機能廃絶リスクを7倍にしていしまうとの海外のメタ解析の報告もあり1日1回で済むように開発されたとのこと。 高齢者は1回1. 潰瘍性大腸炎:通常、成人は初期には1回タクロリムスとして0. 免疫抑制剤を投与されたB型肝炎ウイルスキャリアの患者において、B型肝炎ウイルス再活性化による肝炎があらわれることがある。

11

医療用医薬品 : プログラフ (プログラフカプセル1mg 他)

カプセル プログラフ

移植初期にはタクロリムスとして1回0. 4). カリウム保持性利尿剤<エプレレノン以外>(スピロノラクトン<アルダクトンA>、カンレノ酸カリウム<ソルダクトン>、トリアムテレン<トリテレン>)〔2. 9.1. 〈潰瘍性大腸炎〉初回投与から2週間まで[1)初回投与後12時間及び24時間の血中トラフ濃度に基づき、1回目の用量調節を実施する、2)1回目の用量調節後少なくとも2日以上経過後に測定された2点の血中トラフ濃度に基づき、2回目の用量調節を実施する、3)2回目の用量調節から1. 4. 〈効能共通〉本剤投与中に心不全、不整脈、心筋梗塞、狭心症、心筋障害(心機能低下、心壁肥厚を含む)等が認められているので、使用に際しては心電図、心エコー、胸部X線検査を行うなど患者の状態をよく観察すること〔8. ) 3 市販後の調査において得られた移植初期の投与量とトラフ値は次のとおりであった。 一般的に、サンディミュンカプセル・内用液では空腹時投与に比べて食後投与によりシクロスポリンの血中濃度は増加するが,ネオーラルカプセル・内用液では若干低下するものの,サンディミュンに比べて食事の影響が小さい。 6. 〈潰瘍性大腸炎〉本剤による維持療法の有効性及び安全性は確立していない。

プログラフカプセル5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

カプセル プログラフ

一般名 タクロリムス水和物 製薬会社 アステラス製薬株式会社 この薬の作用 主にヘルパーT細胞の活性化を抑え、サイトカイン産生など異常な免疫反応を抑えます。 母乳中へ移行することが報告されている。

11

プログラフ|免疫抑制薬(内服薬)|くすり事典|よくわかる腎移植

カプセル プログラフ

10 胸腺非摘除例に使用する場合、本剤の投与開始前及び投与開始後において、定期的に胸腺腫の有無を確認すること。 3. 〈臓器移植〉本剤の投与は、免疫抑制療法及び移植患者の管理に精通している医師又はその指導のもとで行うこと。 異常が認められた場合には、減量・休薬、抗生物質の投与等を行うこと。

13

プログラフカプセル5mg

カプセル プログラフ

通常、初期にはタクロリムスとして1回0. その中で、タクロリムス錠0. と、カプセルから顆粒への切り替えは慎重に行うように注意されている。 口渇、多飲・多尿、疲れやすい[糖尿病および糖尿病の悪化、高血糖]. プログラフの主成分は、水和物(Tacrolimus hydrate)で、この成分は、初期には、臓器移植後の、拒否反応を抑制するために利用されましたが、その後、プログラフ等の内服薬としても開発されました。 ・腎移植、肝移植、心移植、肺移植、膵移植、小腸移植 における拒絶反応の抑制 ・骨髄移植における拒絶反応及び移植片対宿主病の抑制 ・重症筋無力症 ・関節リウマチ(既存治療で効果不十分な場合に限る) ・全身性エリテマトーデス(ループス腎炎) (ステロイド剤の投与が効果不十分、又は副作用に より困難な場合) ・難治性(ステロイド抵抗性、ステロイド依存性)の 活動期潰瘍性大腸炎(中等症~重症に限る) は、様々な形態で、世界68カ国で使われています。

7

プログラフカプセル0.5mgの効果・用法・副作用

カプセル プログラフ

5mg ・プログラフカプセル1mg ・プログラフカプセル5mg ・プログラフ顆粒0. プログラフは、アステラス製薬株式会社から製造販売されています。

15